• FLASH FORGE DREAMERでフレキシブルフィラメント PolyFlex があっけなく使えました

    ここぞとばかりに3Dプリンタで色んな材料を使って遊んでます。

    今回試してみたのは「3Dプリンター用フレキシブルフィラメント PolyFlex 1.75mm 白(Polymakr)

    こいつは何かと言うと、名前の通りフレキシブルな樹脂、つまりとてもやわらかいらしいです。

    普通のプラスチックは多少の程度の差はあれ、だいたい皆さんのイメージする硬さや弾性の通りだと思います。

    そんな中でゴムみたいな柔軟性をもったものが3Dプリンタでプリントできたら面白いものが作れそうだなと思って、このフィラメントを購入してみました。

    ただ、普通の樹脂材料とは違うのでそう簡単にはプリント出来ないんだろうなとも思ってました。

    商品が到着しパッケージを開けてみると、なんとご丁寧に仕様書というか説明書的なものがいくつか入ってるじゃありませんか。

    3Dプリンタ歴はまだ浅いですが、こんなちゃんとしたのが入ってたのは初めてです。

    ちゃんとプリント推奨温度やプリント速度、テーブル温度なんかも書かれてます。

    そして付属の紙には「このフレキシブルなフィラメントはほとんどのプリンタで使えて、難しいことは考えなくていいぜ!」というようなことが書いてあります。

    そんなこと言っときながらどうせ試行錯誤させられるんでしょ?と疑いながらも、まずはプリントしてみるしかないので、推奨設定に従って条件を設定しプリントしてみました。

    800_2262_lr

    フィラメントをセットした状態が上の写真です。

    「RIGHT」と書かれているところに入っている白いフィラメントが今回のPolyFlexです。

    ちなみに「LEFT」に入ってるスパゲッティみたいな色のが水溶性フィラメントのPVAなんですが、こちらもPLAとかに比べてコシが無い方なんですけど、それとすら比較にならないくらいPolyFlexはコシがありません。

    もう完全にゴムみたいなもんです。(ゴムみたいに伸びたりはしませんが)

    こりゃプリントに苦労しそうだなと思ってプリントしてみました。

    そしたらなんと一発目から普通にプリントできるじゃありませんか。

    作ってみたのは下の写真のような非常にシンプルなものですが、とにかくプリント出来ただけで驚きです。

    800_2259_lr

    さすが豪語するだけのことはありますね。

    ちなみに、このU字型のものはカチューシャのようなものをイメージして作ったんですが、両端を広げてみると

    800_2260_lr

    この通りで、全然復元力がありません。

    本当に柔らかくて、シリコン系の樹脂のようなものをイメージしていただくと良いと思います。

    このフィラメント1個で9000円するので、普通の樹脂材料と比べると倍くらいの値段するんですが、とにかく面白そうだし、こんな簡単にプリント出来るなら悪くないんじゃないでしょうか。

    今回も動作確認報告のような記事になりましたが、まだまだ情報が少ないのでこんなのもアリってことにしてください。

    2016.12.21追記

    3D CAD & 3Dプリンタを使って開発した製品をクラウドファンディングサイトへ掲載しました!

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-13-36-24

    サイトへのリンクはこちらになります↓
    http://www.makuake.com/project/maskal/

    掲載期間は2016.12.21(水)〜2017.2.27(月)です。

    よろしければ、紹介記事も合わせてご覧下さい。

    %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-13-36-24
    クラウドファンディングサイト【Makuake】への掲載スタートしました

    先日の記事でクラウドファンディングサイトに自社開発製品を掲載して資金調達を開始するという事前告知させて頂きました。その掲載が本日スタートしました!サイトへのリンクはこちらになります


    カテゴリー: 機械設計の話

    タグ:

    前の記事: 次の記事: