• 【メモアプリ比較追記】iPad Pro 9.7インチ + Apple Pencil + One Noteで手帳の代わりになるか?

    800_2512_lr

    先の記事でiPad Pro 9.7インチを買っちゃったということを書きました。

    image
    iPad Pro 9.7インチとBluetoothキーボードで快適モバイルライフはやってくるか?

    やっちまいました。iPad Pro 9.7インチをご購入です。なんでこんなことになっちゃったかと言うと、昨年度末の確定申告でかなりの額のお金が返ってきたから。これは何かに活用するしかないでしょ?ということで一気に「投資」です。
    その投資先がなぜiPad Proなのか?ということと、まだちょっとだけですけど使ってみた感想を書いてみたいと思います。

    この記事の最後で予告しましたが、なぜiPad Air2ではなくiPad Proを選んだかを書いていきます。

    Apple Pencilの評判を聞きつけて「紙の手帳を置き換えられないか」を考えた

    iPadを購入した経緯は上のリンク先の記事で書きましたが、そこで何を購入するべきかを調べているときにiPad Air2とiPad Pro 9.7インチが非常に似通っていることに悩みました。

    少ない違いのひとつに「Apple Pencilが使えるか使えないか」がありました。

    Apple Pencilは要はスタイラスペン(タッチペン)ですよね。

    こいつが使えるとどんな良いことがあるのか?

    真っ先に思いつくのが絵を描くのが仕事だったり趣味の人にとってタブレット代わりになるということ。

    正直私は絵心が無いのでこの観点では良し悪しが判断できません。

    しかし、たかが(と言っては失礼ですが)タッチペンで12000円くらいするので、一体何様なんだApple Pencil、という感じで逆に興味が湧いたのでもう少し調べてみることにしました。

    すると、そんじゃそこらのタッチペンとは違って、とにかく反応が良いらしいということがわかりました。

    そこで思ったのが「こいつを手帳として使えないか?」ということ。

    手帳についてはこんな記事も書いてます。

    工数実績
    手帳に行動記録で商売繁盛?

    だいぶ前に手帳をネタにして記事を書きました。この記事で書いたような行動記録を現在も続けております。最初はとりあえず「自分が怠けてそうだったらそれが見えるようにしておこう」くらいの感じだったんですが、ここにきて思わぬ効果が現れてきました。それは工数実績が確認できること。

    手帳はデジタルの方が情報管理しやすいと思いますが、あまりにダイレクト感が無いので私は紙の手帳を使っています。

    それがもしApple Pencilが使い物になるんだったらそちらに移行するのもありだろうという目論見です。

    手帳として使うアプリは何が良いか?

    これまた悩ましい問題ですが、今回は手書きのダイレクト感を追求するので手帳アプリというよりメモアプリを使う形になります。

    そのメモアプリもわんさかあるんですが、私が落ち着いたのはMicroSoftの【One Note】です。

    選んだ理由は

    • 画像を好きなところに挿入できる
    • 「Apple Pencil対応」となっている
    • 各デバイスでの同期がしやすい
    • 無料

    といったところです。

    個人的なデータについてはOneDriveで普段は管理しているというのもあって相性が良いかなと。

    用紙の背景に方眼紙も選べるし、私の好みにはぴったりです。

    ただ、私は行動記録を記入するときに「週間バーティカル」タイプの手帳に記入しているので、下の画像をIllustratorで自作して、OneNoteの中に挿入して使うことにしました。

    ONE-NOTE用方眼紙

    使ってみた感想

    結論を先に書きますと

    「紙と比べるとさすがに遅延を感じて書きにくさもあるけど、使ってみようかなという気にはなる」

    2016.4.15追記:撤回します!後ろに色々追記したので最後まで読んでみて下さい。

    というレベルです。

    微妙な表現で申し訳ないですが、この微妙な感じが率直な感想です。

    実際に行動記録を記入してみたところのキャプチャーが下の画像になります。

    20160414_092926000_iOS

    字の汚さの8割が私の実力によるものですが、残りの2割は

    • ペン先が滑る
    • 画面とペン先が接触する瞬間が分かりづらい
    • 微妙な遅延

    によるものだと思います。(思いたいです)

    「ペン先が滑る」影響も私の実力のうちと言ってしまえばそれまでなんですが、とにかくツルツル滑るところで書くのが私は苦手で、ボールペン字なんかもこの画像と同じような字になってしまいます。

    普段の筆圧が強めの人はこんな傾向にあるかもしれません。

    あとの2つの項目については速記したときに影響が大きく出そうです。

    上の画像の字はあえてかなり速めに書いたんですが、特に払いの後とかのペン先が離れる瞬間が安定しないような気がします。

    あとは微妙な遅延があるので迷いが生じてそれが字に現れているかもしれません。

    この辺は慣れればどうにかなるかも?というのがあって「使ってみようかなという気になる」という表現になっています。

    私は他のタッチペンを使ったことがなくていきなりApple Pencilを使っているので、もしかしたらかなり贅沢な要求をしている可能性はあります。

    煮え切らない感じになってしまいましたが、実際に私の中でも煮え切っていないのでご了承ください。

    2016.4.15追記

    微妙だと感じたのはOneNoteのアプリのせいでした。

    アプリでこれほど差が出るということに気付かずに勇み足でレビューを書いてしまい申し訳ないです。

    他のメモアプリを使ってみたら非常に快適でしたので、アプリ比較も含めてApple Pencilの使い心地をレビューさせて下さい。

    追加で試したアプリは

    • iOS標準メモアプリ
    • Evernote
    • UPAD3

    の3つです。

    これらはどれも書き心地というかレスポンスは非常に良かったです。

    これなら十分に紙の置き換えとして使う気になりました。

    ただ、見た目や機能についてはそれぞれ特徴がありますので、簡単に比較してみます。

    iOS標準メモアプリ

    image

    純正だけあってダイレクト感はNo1!

    見た目もAppleらしく洗練された感じです。

    鉛筆の雰囲気も良い感じです。

    ペンの太さは選べないようですが、とにかくガンガン書いていくのに向きそうです。

    挿入した画像に重ねて手書き文字を書くのも出来ないようです。

    Evernote

    image
    こちらも遅延などは気になりませんが、見た目にちょっとクセがあります。

    あと、自動で線を整える機能が付いているようで、便利と感じるか余計なお節介ととるかは人によりますね。

    この補正機能のせいか小さい文字は書けませんでした。

    UPAD3

    image

    だいぶ前に買ったけどあまり使っていなかった有料メモアプリ。

    こちらも書き心地は十分満足。

    しかも有料だけあって自由度が非常に高いです。

    ペンの種類も豊富で、画像も好きなところに挿入でき、簡単な図形も書ける。

    さらに挿入した画像の上から手書き文字も書けるので、上の方で書いた自作フォーマットでの行動記録も付けられます。

    image

    個人的にはかなりお気に入りで、Apple Pencilのおかげで塩漬けになってたアプリが復活しました。

    ただ、クラウドで同期する機能は付いていないので、やりたいなら一度PDFで出力してそれをクラウドサービスに上げるというひと手間が必要になります。

    というこで、Apple Pencilを過小評価してしまうところでしたが、過ちに気付けて良かったです。

    この棒一本が結構とんでもない価格なので、しっかり活用していきたいと思います。


    カテゴリー: 脱サラ日記, 脱サラ記事

    タグ:

    前の記事: 次の記事: