• 車のタイヤをミシュラン PILOT SPORT 3からブリヂストンPOTENZA S001に替えました

    DSC00979_lr
    SONY α7S / Summicron 50mm F2(2nd)

    ○○買いましたの記事ばかりですが最近はホントに出費ばかりなので、すいませんがネタにさせて下さい。

    で、タイヤを履き替えました。

    私の車はGOLF Ⅴ GTIを4年前に中古で買ったものなんですが、そのときに履いてたタイヤが【ミシュラン PILOT SPORT 3

    車を買ってから4年が経ち、タイヤもさすがに限界を迎えたので買い替えることにしました。

    このタイヤでも別に不満は無かったので同じものでも良かったんですけど、どうせ買い替えるなら他のタイヤも試してみたいと思い、ほぼ同格であるブリヂストンの【POTENZA S001】を選びました。

    POTENZA S001の前身であるPOTENZA RE050を前の車で履いていて、それがとても良かったのでGOLFと合わせても面白くなるんじゃないかなという期待です。

    ちなみにオートバックスで値段を聞いたらPILOT SPORT4(2016年6月から販売)とPOTENZA S001どちらも4本工賃込みで14万円だったので躊躇なくPOTENZAにしました。

    タイヤは安全の要ですし、車は業務としても使うのでケチらずにいきたいところです。(別に経費で落としたわけじゃなく全部個人自腹です)

    6月初旬に買ってから約1ヶ月が経ったので簡単に感想を書いておきます。

    PILOT SPORT 3は「しっとり」、POTENZA S001は「キビキビ」というのが私の感想

    私はサーキット走行はせず、公道走行のみですという前提でお読み下さい。

    結論は「どちらも十分楽しい」です。

    公道を走るだけなら雨の日も含めてグリップも十分ですし、ロードノイズもそれほどひどくありませんし、堅すぎるということも無いけどフラつき感は無く、運転を楽しめるタイヤだと感じました。

    個人的にはPOTENZAにはもう少し堅めを期待しましたが、RE050からS001にモデルチェンジしたときに若干コンフォート寄りになったんでしょうか。

    それでも私が歳をとったせいか、そんな感じでも運転を楽しめます。

    性能的にはPILOT SPORT 3もPOTENZA S001もそれほど差は無いと思いますが、フィーリングは異なると感じました。

    拙い表現で申し訳ないですが、PILOT SPORT 3は「しっとり」、POTENZA S001は「キビキビ」といった感じです。

    どちらが速いとか遅いではなく、あくまでフィーリングの話です。

    私はタイヤに対する知識はほとんど無いのでこの違いがどこからくるのかは分かりませんが、タイヤの性格の違いは確かにあると思います。

    初めて欧州車を運転したときは「なんじゃこのしっとり感は?!」と驚きましたが、ミシュランはフランスのメーカーらしくそういった欧州車の性格に合わせてタイヤを作っているんでしょう。(というか車に対する考え方が向こうでは統一されているということかもしれませんが)

    一方、ブリヂストンは日本メーカーらしくキビキビと軽快感が出ています。

    それを考えると欧州車にはミシュラン、日本車にはブリヂストンというように合わせるのが全体の統一感が出ると思いますが、今回のGOLF + POTENZAの組み合わせもなかなか面白いと感じてます。

    GOLFはそれなりのサイズなので時々挙動が重く感じることがあります。

    それがPOTENZAに替えてからは軽快そのもの。

    軽快なGOLFというのも新鮮でこれからまた楽しんで乗れそうです。

    逆に落ち着いた感じは少しなくなるので、そのあたりは完全に好みですね。

    ものすごく抽象的な表現ばかりで恐縮ですが、感想はこんなところです。

    タイヤは車の安全の要ですし、タイヤを替えると車の性格がガラッと変わることもあるので、その辺を意識してケチらずにタイヤ選びしてみると楽しいと思います。


    カテゴリー: 脱サラ記事

    タグ:

    前の記事: 次の記事: